• img

お知らせ

お知らせ一覧

かがわメンタルヘルス支援センター開設にあたって

 いよいよ2015年12月から「ストレスチェックの実施」が、50名以上の事業所では義務化されます!
 それにより50名以上の中堅事業所の経営者と人事担当者は、労働安全衛生法への遵法対策に迫られています。

当センターにも、クライアントをはじめ多くの企業から「どうして良いかわからない。」、「ストレスチェックの結果を直接会社がもらえなければ対応のしようがない。」、「産業医がメンタルヘルスに対応できない。」などと対応にお困りの声が寄せられています。これが、現実なのです。
社会構造の変化等により年々増加するストレスにより、メンタルヘルスを原因とする労災申請も増えてきています。メンタルヘスルの問題は、従業員規模に関係なく発生することを理解しておかなければなりません。また、「うつ病」の直接原因が、家庭内の不和や借金や相続の問題だったとしても、心療内科を受診する頃には、「ミスが多く、頻繁に上司に怒られる。」などと、会社に原因を求めてしまうことも十分考えられます。

 もしも、貴社の従業員が家庭内の不和が原因で「うつ病」になり、その結果自殺したと仮定してください。自殺した日が繁忙期であり、たまたま残業時間が100時間を超えていたらどうでしょうか。遺族の中には「過重労働によるストレスがうつ病の原因となった。」と会社に対して、労災保険の申請を申し出てくるかもしれません。若しくは、会社を相手取り裁判を起こすかもしれません。

 このような事態に陥らないためにも、会社がここまでしているということを、従業員及び家族に見せなければならないのです。そうでなければ、全て会社がワルモノになり、損害賠償請求され、最悪の場合には倒産に至ってしまうかもしれないのです。  これらのお悩みを解決するために、私たち「かがわメンタルヘルス支援センター」が香川県内をはじめとしたさまざまな企業をご支援していくことに決めました。

これから、メンタルヘルス分野で、協調若しくは支援していただける企業さまがございましたら、ぜひ私どもにご協力いただければ幸いです。


メンタルヘルス対策でお困りの事業場の方、お気軽にご連絡ください。メールでのお問い合わせはこちら